そして彼女は、内縁の妻となった…

製品情報

そして彼女は、内縁の妻となった…

ADVゲーム、幼馴染寝取られ、陵辱

未定

あさG

女の子フルボイス

windows/7/8.1/10

解像度 1920x1080以上推奨
(ゲーム内解像度 1600x1200)
マウス・キーボード必須

暫定ページ公開中

暫定スクリーンショット

ウインドウクリックで拡大

雨宮 雪菜(あまみや ゆきな)

「私も友樹くんのこと、ずっと信じてていい……?」

本作のヒロイン。 艶やかな長い髪が美しい古風な少女。
常に人を思いやり、傷ついている人は放っておけない優しい性格。

何代にも渡り郷田家の使用人を勤めてきた家『雨宮』の養女で、老夫婦から躾けに厳しく育てられた。
幼い頃、孤独だった友樹の相手をさせるために連れられて以来、いつも一緒の時間を過ごしてきた幼馴染。

友樹の事となると身の回り全ての世話を焼きたがり、心配性になる。
それは過去の出来事から、友樹に献身するのは当然と考えているため。
友樹とは幼馴染以上の強い絆があり、何より大切な人と思っている。

元町 明日香(もとまち あすか)

「良いアイデアを持ってきてあげたんだから感謝しなさいよね!」

溌剌とした人懐っこい少女。
友樹とは長い間同じ空手道場に通っており、男同士のケンカ友達のような関係。
その腕前は常に全国大会上位で、道場稽古では友樹を圧倒するほど。

雪菜とは正反対の性格ながら、同級生となってからは一番の仲良しとなっている。
いつも友樹と雪菜を引っ張りまわしては、二人を明るく笑わせている。
なぜだか友樹に対してはつい憎まれ口をきいてしまうが……

実は道内に多数の店舗を展開する人気スーパー「産直卸売りスーパー元町」の社長の娘である。

姫岡 友樹(ひめおか ともき)

「人を信じる心を俺に教えてくれたのは……お前だよ、雪菜……」

本作の主人公。 無愛想と険しい顔つきのため、他人から怖いと誤解されがちな青年。

特殊な家庭環境から人と積極的に関わりを持とうとしないが、
幼馴染の雪菜や、強引な明日香の前では年相応の明るさを見せる。

幼い頃に母・優子が善美の愛人となって以来、その連れ子として郷田家の離れで暮らしている。
周囲から愛人の子として蔑まれて育った事で人間不信に陥るが、
雪菜との出会いで心を取り戻した。

雪菜とは幼馴染以上の強い絆があり、何より大切な人と思っている。

実質的な養父である善美とは母を巡っての確執があり、関係は断絶している。
家庭内の不和、母の病気、自分の不安定な立場とに苦悩しながら、雪菜を心の支えとして将来の為に励んでいる。

郷田 善美(ごうだ よしみ)

「おじさんな……雪菜ちゃんのこと、本当の娘だと思ってるからな!」

スナック、飲食店、消費者金融等幾つもの事業を経営している友樹の養父。
町の古くからの有力者、郷田家の一族に連なる。

強引さと堅実さを兼ね備えた商才があり、郷田家当主からの信望も厚い。
柔剣道有段者に見合った厳つい風貌と体型で、 齢五十間近となった今も壮年から衰えるところがない。

当時別居中の妻がいる身でありながら、友樹の母・優子を愛人にする。 友樹にとっては実質的な養父であるが、顔を合わせればいがみ合う関係となっている。

立場上、常に威圧的で人を使うことに慣れている。
しかし「ずっと娘が欲しかった」らしく、雪菜に対しては普段とかけ離れた柔和な表情や弱さを見せる一面もあり、 雪菜からは優しいおじさまと慕われている。

郷田 アケミ(ごうだ あけみ)

「そんな小娘とアタシのどっちが大事なんだい!」

善美の二番目の妻。

郷田家の縁戚で、善美に跡継ぎがいない事から親族の勧めで結婚した。
スナックを経営しており、夜に出歩いては週に二、三度しか家に帰らない。

浪費家で金銭への執着が強く、経営が上手く行かない事で常に刺々しい気配を纏っている。

善美との間に子が出来なかった事、 自分との結婚後も友樹親子の面倒を見ていることが(主に金銭面で)気に食わず、夫婦関係に長く不和が生じている。

友樹親子との間に確執があり「目障りなガキ」を早く家から追い出したいと思っている。

郷田 独郎(ごうだ どくろう)

「俺ァ、テメェの嫌がることだったら何でもすっわ!ブヒャハハハッ!」

郷田本家で資産家の母に溺愛されて育った田舎の不良少年。
通称ブタロウ。

自分の思い通りにならない事にはすぐにキレる幼児的で残忍な性格。

元来臆病で小心者であり、自分を強く見せかけるために、 金に群がってくる取り巻きを従えてはすぐに暴力をちらつかせる。

密かに雪菜に対して特別な感情を抱いており、 それゆえ子供時代から友樹を目の敵にして愛人の子と蔑んできた。

癇癪を起こすと……

亀頭 盛央(きとう もりお)

「ぼっぼっ……僕、本当に君に感謝してる……だ……」

友樹の同級生。

小柄で内気な目立たない少年。
緊張すると酷く言葉がどもってしまう。

独郎たちに目をつけられ、金をせびられていた所を 友樹に助けられた事で知り合う。

恵まれない家庭環境の中で苦労しながら進学を目指しており、 自分と似た境遇の友樹と親交を持つ。

富実夫 先生(とみおせんせい)

「君のお父さんはね、本当にすばらしい人なんだよ」

柔和な人柄で知られる養護学校教諭。

地域の養護施設の交流ボランティア指導役を買って出ており、雪菜たちから先生と慕われる。

郷田 アザミ(ごうだ あざみ)

「どぐろ゛っぶぢゃんが親切で言っでるんでぐァッッ!!
オおんぐごッこ娘ギキキキャアああああーーー!!
キャアアアアアアアアアーーーーーッッ!!」

独郎の母親で、郷田家当主の娘。
町の住人誰もが逆らう事を恐れる、通称『土下座ババア』。

資産を背景に貧しい人間や弱者の弱みを握り、土下座を強要することを好む。

息子である『天使ちゃん』を溺愛しており、 独郎が侮辱を受けたと感じた際には相手の家に乗り込み、権力をかさに屈服させる。

独郎の我侭を聞き入れない者は、激しく憎悪し攻撃する狂人。

沼田さん(ぬまたさん)

「友樹さん……元気そうで、良かった……」

友樹達と親しかった元クラスメート。

数年前にイジメが原因で隣町に引っ越したが、新しい暮らしで明るさを取り戻し、
久しぶりに再会する事になる。

姫岡 優子(ひめおか ゆうこ)

「だからね、大切な人を友樹くんも見つけてね……」

友樹の母。
優しさと強さを合わせ持った美しい女性。

若くして夫と死別したため、一人懸命に友樹を育てる。

その後ケガと病気が重なって職を失った折、夫の会社経営者だった善美の誘いで家政婦として働く。

「親身になってお世話をして頂いているうち、自然と愛し合うようになった」 らしく、暮らしの世話をしてくれた善美の愛人となる。

友樹にとって唯一の肉親であり、かけがえのない存在だったが……

準備中

準備中